最新のCBDランキングは!?
AZTEC(アステカ)CBDカートリッジ 超高濃度フルスペ65%レビュー!

新作AZTEC(アステカ)CBDカートリッジ 65%!0.5ml

日本限定発売!CBDカートリッジの最新作!
AZTEC(アステカ)社のフルスペクトラム製法
CBD Cartridge 超高濃度65%!

フレーバーは、
「 O.G. KUSH 」!

今回はCBDカートリッジなので、
airis Quaser(エアリス クエーサー)を使って
レビューします!

NoiD
レビューしていきます!

商品説明

※現在の取扱いはCBD濃度55%になります。

商品名 AZTEC CBD CARTRIDGE FULLSPECTRUM 65% 0.5ml
内容量 0.5ml
成分 CBD(有機麻抽出オイル)/天然テルペン
CBD含有率 65%
CBD含有量 325mg
原産 Made by England(イギリス)
製法 フルスペクトラム
フレーバー O.G. KUSH
(オージークッシュ)

開封レビュー

動画でまとめております!

CANNA
AZTECのカートリッジ!超高濃度!!

レジン(RESIN)とは?
CBDの濃度が56~68%の範囲で作られている種類。

体感レビュー

 

NoiD
airis Quaserでいきました!

試した設定

カートリッジ抵抗値 約1.13Ω
出力設定 緑=3.4V


未開封商品チェックから、

アステカ神話の主要な神「テスカトリポカ」!
結晶化ギリギリを攻めたレジンカートリッジ!

キレイな琥珀色!容量は0.5ml!
(約150回吸引分)

早速、

接続します。

先日作成したカバーをつけてみたり・・・


操作は簡単!

設定は緑=3.4Vで◎!

吸い方は簡単!息を吐ききってから、
ゆっくり吸いましょう。

※動画にもありますがあくまでもイメージです↓

AZTECA ~Cartridge~

【Music Video】
AZTECA ~Cartridge~
by CANNA & NoiD

Loading AZTEC.

注意:このような映像を体感する事はありません。
ミュージックビデオとしてお聴きください。

CANNA
AZTEC推し!

香りや味


濃度が高いだけあってかなりのキック感があります!
そしてしっかりとしたCBDをキャッチ!!!
セッティングは◎。。

少量づつでも全然OK!
0.5mlの「少ないかな・・・?」は
「結構あるじゃん!」に変わります。
※↓と同様で高濃度は少量でも満足できる

PharmahempのCBDジェルワックスと似た感覚!

天然テルペンが豊富なので、
アントラージュ効果も体感!

香り 品質の高い青臭さがクセになる
あまり感じません
喉への痛み・辛味 かなりのキック感がある。辛味は感じない
肺へ溜め込む むせやすい。たくさん吸い込むのはかなり大変。それだけCBDが高濃度!

高濃度なCBDをカートリッジで味わえる至極の一品!
青々しいCBDが好きな方やOG KUSH系が好みの方、
「◎」です!

CBDチャンネルのおすすめ度は・・・

です!

NoiD
AZTECのCBDカートリッジを試すべし!

新作だけあってハイクオリティ、
超高濃度でTHCフリー・・・
間違いなくオススメ!

CANNA
お世話になっているお店!すぐに届いてお得に買えちゃう!

AZTEC日本総代理店であるCBD ONLINE!
本日の在庫チェック
※クーポンやキャンペーンでお得に購入!

AZTEC(アステカ)
CBD レジン カートリッジ
0.5ml 325mg 65%

※現在の取扱いはCBD濃度55%になります。

即日出荷は こちら

注意点

今回のAZTECカートリッジはCBD濃度65%の超高濃度リキッドになっているので、リキッド内のCBDが結晶化をすることがあります。届いた時点で、あるいは今後気温や気圧の影響で結晶化してしまった場合は、カートリッジ本体を丸ごとジップロックバッグに入れて頂き、空気を抜いてから60゜〜70℃程のお湯で5-10分湯煎すると結晶が溶けます。

airis Quaser(エアリス クエーサー)との相性

相性

高濃度CBDカートリッジも
手軽に摂取できるのは◎!
多くの商品に対応していて素晴らしい製品。

iStick Pico Xとの相性

テクニカルMODでも認識します!
510スレッドならOK!

相性

ワット数を調整するならオススメ!
家ではこの組み合わせが無難。

CBDグミと併用

手軽にCBD生活!

その他のAZTEC商品

他のAZTEC商品も気になる・・・

売切れの場合は?

人気のなので売切れの場合も、、、

次の入荷までに試したいのが↓

以上、
NoiDの開封レビューでした!
(あくまでも個人の感想です!)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事